1. ホーム
  2. モンスター
  3. エビルプリースト(第5章)

エビルプリースト(第5章) / 図鑑No.207

基本データ

ステータス

HP MP 攻撃 守備 素早 EXP G 落とすアイテム(確率)
1600 165 190 99 6300 0 -

呪文などの有効率

ダメージ系
  • メラ
  • ギラ
  • イオ
  • ヒャド
  • バギ
  • デイン
  • 吹雪
  • マダンテ
状態異常系
  • ラリホー
  • マヌーサ
  • マホトーン
  • メダパニ
低下系
  • ルカニ
  • マホトラ
即死系
  • ニフラム
  • ザキ
  • メガンテ
  • 太字:確実に効く
  • 黒字:よく効く
  • 灰字:あまり効かない
  • 灰字:効かない

攻撃パターン・特徴

戦う場所

攻略法

結界を守るボスの1体。デスピサロをも裏切ったその実力はかなりのもの、と言いたいところですが、実際にはだいまどうの強化版程度の強さで、使ってくる呪文もイオナズンに比べればダメージ量は少ないものです。一緒に出現するスモールグール3体を手早く片付ければ、さほどの強敵でもありません。

スモールグールを排除するには

エビルプリーストに一点集中するためにも、まずは手下を排除したいところです。スモールグールにはニフラムが有効なので、まとめて消去してしまうのが手っ取り早いでしょう。ギガデインなどで全体攻撃すると、エビルプリーストのマホカンタに反射されて大ダメージを受けてしまうことがあるので注意。

直接攻撃メインで戦う

エビルプリーストには戦闘開始時からマホカンタ状態になっていて、それが切れても再びマホカンタを唱えてきます。この戦闘では呪文攻撃は禁止と考えましょう。パーティは勇者+ライアン+アリーナ+クリフトで組み、勇者が上述の通り1ターン目でニフラム、クリフトは2ターン目以降はベホマラーで回復に徹します。これでマヒャドやバギクロスで大ダメージを受けてもすぐに回復が追いつきます。もし危険な状態になったら、勇者もベホマズンを唱えればよいでしょう。ライアンとアリーナはひたすら直接攻撃していけば、HPがあまり高くないエビルプリーストはまもなく倒れるはずです。

データ(キャラクター)

メインキャラ

協力者(NPC)

敵キャラ

データ(アイテム・特殊能力・称号)

アイテム(装備品)

アイテム(装備以外)

特殊能力

称号

スポンサードリンク