1. ホーム
  2. キャラクター
  3. クリフト

クリフト

第2章でアリーナとともに旅をする仲間の1人。サントハイム城では神官としての任務を果たす真面目な青年ですが、アリーナに対しては並々ならぬ恋愛感情を抱いており、日頃の会話や自室の本棚にもそれは如実に表れています。果たして彼に神官としての未来はあるのでしょうか……。

回復呪文や補助呪文を得意とする僧侶タイプで、攻撃力や守備力も低くなく、装備できる武器・防具にも恵まれています。特に回復呪文は冒険の時期を問わず必要とされるので、第5章では配置は後列が望ましいものの、主力メンバーとしての有力候補です。

キャラクター概要

第5章で仲間になる場所

初期装備

主な特徴

長所
  • 強力な回復呪文、補助呪文を多く習得する。
  • ザキ系呪文を使って一撃必殺を狙える。
  • ある程度強力な武器・防具を装備できる。
  • レベルアップが早い。
弱点
  • 攻撃呪文を覚えない。

覚える呪文

LV 呪文・特技名 消費MP 対象 効果
1 ホイミ 2 味方単体 HPを30~40回復
4 スカラ 3 味方単体 守備力+150%
6 マヌーサ 4 敵グループ マヌーサ状態にする(命中率低下)
8 キアリー 2 味方単体 毒状態を回復
12 マホトーン 3 敵グループ マホトーン状態にする(呪文を封じる)
14 スクルト 4 味方全体 守備力+100%
16 ベホイミ 4 味方単体 HPを75~95回復
18 ザキ 4 敵単体 即死させる
21 ザオラル 8 味方単体 死亡状態を1/2の確率で回復+HPを半回復
24 ザラキ 7 敵グループ 即死させる
27 ベホマ 6 味方単体 HPを全回復
30 ベホマラー 10 味方全体 HPを75~95回復
33 ザオリク 15 味方単体 死亡状態を必ず回復+HPを全回復
  • ※賢さによっては習得レベルが1~2遅くなることがある。

使いどころ

[第2章] 直接攻撃と回復がメイン

第2章のクリフトは、普通に進めていればレベル12~13程度で終わることが多く、覚える呪文もあまり多くありません。ホイミやキアリーでの回復役を務めつつ、戦闘中はなるべく直接攻撃を使って敵を早めに倒せるようにした方がよいでしょう。砂漠のバザーで「ホーリーランス」を購入すれば攻撃力が大きく上がり、アリーナにも劣らない攻撃力で敵にダメージを与えられるようになります。また、守備力を大幅に上げるスカラを早期から覚えるので、守備力の低いアリーナに使えば、直接攻撃メインの敵となら安全に戦うことができます。

[第5章] スクルトで全体の守備力を強化

第5章で勇者たちの仲間になったクリフトの第1の強みはスクルトが使えること。この呪文はクリフトしか使えず、味方全体の守備力を大幅に上げる重要な効果があります。直接攻撃が強力なボス(とうぞくバコタ、ピサロナイトなど)との戦いでは、スクルトを唱えるだけで圧倒的に有利になることが多く、ミネアのフバーハと並んで守備の要と言えます。

[第5章] 強力な回復呪文でピンチを防ぐ

終盤になってからもクリフトの呪文は重要で、レベル30過ぎに習得するベホマラーザオリクは、特に最終決戦や隠しボスとの戦闘で必須となる呪文です。「はげしい炎」や「かがやく息」といった強烈な全体攻撃を受けた後は、ベホマでは回復が間に合わないため、ベホマラーによる全体回復が必要です。誰かが死んでしまってもザオリクなら即座に復活できます。これらの回復はミネアには真似できないので、ボス戦ではクリフトだけは死なないようにガードしましょう。

[第5章] 装備は防具最優先で

クリフトの弱点はHPが低く、敵の強力な攻撃を受けると倒されやすい点です。上述のようにクリフトの回復役としての任務は極めて重要なので、クリフトの防具は最優先でそろえたいものです。第5章中盤では守備力が高く、呪文攻撃からも守れる「まほうのほうい」がおすすめです。お金さえあれば「はぐれメタルよろい」も同時期に購入可能なので、レベル上げも兼ねてお金を貯めてもよいでしょう。終盤ではメダル王から「はぐれメタルのたて」をもらうこともできます。

[第5章] ザキ系呪文で瞬殺を狙う

クリフトは敵にダメージを与える呪文は覚えませんが、敵を一撃で倒すザキ系呪文を覚えます。ザラキで敵グループをまとめて倒してしまうことも可能なので、各モンスターのザキ耐性を把握しておけば、戦闘を手早く終わらせることが可能です。