1. ホーム
  2. キャラクター
  3. 勇者

勇者

ドラクエ4の主人公。序章で登場しますが、本格的に冒険を開始するのは第5章からになります。冒険の書作成時に男性・女性を選択可能で、どちらを選んでも能力値に差はなく(装備できる武器・防具は女性の方が若干多い)、まったく同じストーリーを歩みます。

山奥の村で優しい両親のもと、幼なじみのシンシアと平穏な日々を暮らしていたある日、重大な事実と残酷な現実を突きつけられ、仲間を求めて旅立つことになります。勇者の出生の秘密はゲーム終盤で明らかになります。

その悲痛な運命とは対照的に、能力値の高さや習得する呪文の強力さなど、すべての面で優秀な万能タイプです。最初こそ仲間に助けられながらの冒険となりますが、中盤以降は常にパーティの主力となり、難関ダンジョンやボス戦では特に頼もしいキャラクターです。

キャラクター概要

初期装備

主な特徴

長所
  • すべての能力値が高い。
  • 装備できる武器・防具が多い。
  • 呪文をバランス良く習得する。
  • 勇者専用の強力な呪文を習得する。
  • 勇者専用の強力な武器・防具を比較的早期から装備できる。
弱点
  • 最初はレベルアップが遅い。ただし、レベルが高くなるほど早くなる。

覚える呪文・特技

LV 呪文・特技名 消費MP 対象 効果
1 ニフラム 3 敵グループ 消し去る(経験値などは取得不可)
2 ホイミ 2 味方単体 HPを30~40回復
3 メラ 2 敵単体 8~14ダメージ
5 ベホイミ 4 味方単体 HPを75~95回復
7 ルーラ 4 - 行ったことのある場所へワープ
9 ギラ 4 敵グループ 16~24ダメージ
11 トヘロス 4 - 弱い敵の出現率を下げる
13 リレミト 4 - ダンジョンから脱出
15 ラリホーマ 3 敵単体 高確率で眠り状態にする
17 ザメハ 2 味方全体 眠り状態を回復
19 マホステ 2 味方単体 マホステ状態にする(呪文無効)
21 アストロン 2 味方全体 アストロン状態にする(攻撃無効・行動不能)
23 イオラ 8 敵全体 52~68ダメージ
25 ライデイン 4 敵単体 70~90ダメージ
27 ベホマ 6 味方単体 HPを全回復
28 ザオラル 8 味方単体 死亡状態を1/2の確率で回復+HPを半回復
32 ベホマズン 20 味方全体 HPを全回復
34 ギガデイン 15 敵全体 175~225ダメージ
37 ミナデイン 15 敵単体 330~370ダメージ
39 パルプンテ 20 ランダム ランダムで効果が発動
50 ギガソード 15 敵単体 250~300ダメージ(デイン系)
  • ※賢さによっては習得レベルが1~2遅くなることがある。
  • ※スマホ版ではルーラ、リレミトの消費MPは1。

使いどころ

[第5章] 序盤は装備品が重要

序盤はエンドールで仲間になるマーニャとミネアが主力になるものの、勇者も強力な装備品を入手すれば劣らずに活躍できます。第3章で女神像の洞窟B3Fの「はがねのつるぎ」と「てつのよろい」を入手せずに残しておけば、第5章序盤の勇者がこれらを装備して一気に強化できます。第3章で入手してしまった場合は、第5章ではしばらくボンモール周辺などでレベルを上げ、裏切りの洞窟の単独行動に備えておきましょう。

[第5章] レベルが上がれば先陣を切って戦う

馬車入手後、勇者のレベルがマーニャたちに追いついてくれば、勇者を先頭にしてパーティの主力にすることができます。攻撃力が十分に強いので、メラやギラといった呪文はほとんど必要なく、直接攻撃をメインにして強い敵を優先的に攻撃しましょう。ブライが仲間になれば、バイキルトで攻撃量を2倍にして強烈なダメージを与えることも可能になります。

[第5章] バランスの取れた呪文習得

直接攻撃だけでなく、呪文を多く覚えるのも勇者の特権です。特にドラクエ4の勇者はレベル5でベホイミを習得し、最大MPも決して低くないので、必要な時には呪文も積極的に使っていきましょう。主に役立つのは回復呪文ですが、レベル23で覚えるイオラは強力な全体攻撃の手段なので、敵の数・種類が多い時にも対応できます。

[第5章] 終盤も呪文が切り札に

レベル32、34で覚えるベホマズンギガデインは勇者だけが使える超強力な回復呪文、攻撃呪文です。ベホマズンは消費MPが多く、通常のザコキャラ戦で使うのは場違いですが、最終決戦ではパーティを即座に全回復してピンチを脱出することができます。ギガデインはザコキャラ、ボスキャラともに有効な敵が多く、全体に大ダメージを与えられるので、隠しボスを含めた終盤のボス戦で極めて重要な呪文です。