1. ホーム
  2. キャラクター
  3. アリーナ

アリーナ

第2章の主人公。身分はサントハイムの王女ですが、おしとやかさや慎ましさといった言葉とは無縁で、自室の壁さえ武術の練習で蹴破ってしまうほどの怪力姫。ある日、父王の言いつけも破って城の外へ飛び出し、クリフトやブライとともに力試しの旅に出ることになりますが、父親を思う気持ちは強く、祖国が魔物の手に落ちた後は、旅の目的もそれまでとはまったく異なったものになります。

女性ながら恵まれた体力と腕力の持ち主で、素早い動きで先手を打つ武闘家タイプ。装備できる武器も中盤以降は爪がメインとなり、防具は軽装で盾は装備できません。そのため守備力には不安があるものの、攻撃力は十分に高く、会心の一撃が出やすいという優秀なメリットも持ち合わせているので、直接攻撃メインで攻めたい時にはおすすめのキャラクターです。

キャラクター概要

第5章で仲間になる場所

初期装備

主な特徴

キャラクター特徴
レベルが上がるほど会心の一撃が出る確率が上がる。
長所
  • 力、素早さが高い。
  • 会心の一撃が出やすく、メタル系を倒しやすい。
  • レベルアップが早い。
弱点
  • 呪文・特技を覚えない。
  • 装備できる武器・防具が少なく、守備力や呪文耐性が低くなりがち。

覚える呪文・特技

  • なし

使いどころ

[第2章] 早めに武器を装備する

アリーナは力が強いとはいえ、最初は武器を装備していないので、まずはサランの町で買える「せいなるナイフ」を装備しましょう。ドラクエ3の武闘家と違って、爪以外の武器で攻撃力が下がるようなことはありません。レベルが上がれば力が順調に伸びていくので、しばらく武器を替えなくても十分なダメージを与えられます。武術大会では必ず「てつのツメ」を装備すること。第5章になってからも、しばらくは「てつのツメ」が愛用の武器となるでしょう。

[第5章] 素早さの高さが抜群

アリーナの素早さの伸びは早く、レベル50でほぼ255になってしまいます。それまでも他のキャラと比べて格段に高いので、戦闘では最初に行動することがほとんどです。先手必勝で敵を倒せばそれだけ敵から攻撃を受けることも少なくなり、パーティ全体が安全になります。多数の敵が出現した時は「ほのおのツメ」などを使えば、先にまとめてダメージを与えておき、その後で他のキャラの単体攻撃を使えばスムーズに倒せます。

[第5章] 会心の一撃でメタル系を狩る

そしてアリーナの最大の魅力は何と言っても、レベルが上がるほど会心の一撃が出やすくなることです。この特性は通常の戦闘やボス戦でも頼りになりますが、最も光るのはメタル系が出現した時です。素早さが高いので、はぐれメタルやメタルキング、プラチナキングよりも先に行動できることが多く、早々に会心の一撃を出して倒してくれることがあります。「どくばり」を装備したマーニャ&ブライと一緒に参戦すればメタル系を倒せる可能性が飛躍的に高くなります。

「キラーピアス」でさらに会心率アップ

ストーリー後半のアリーナに特におすすめの武器が「キラーピアス」です。この武器で2回攻撃すれば、会心の一撃が出るチャンスも2回あるので、さらにメタル系を倒しやすくなります。

[第5章] 守備力の低さは回避率で補う

盾を装備できず、重量級の鎧も装備できないアリーナは守備力の低さがネックです。この点は「みかわしのふく」で回避率を上げてカバーするのがよいでしょう。呪文耐性を上げたい場合は「マジカルスカート」、終盤なら「てんしのレオタード」を装備して呪文・炎・吹雪への耐性をまとめて上げられますが、中盤はあまり良い防具を入手できないので、全体攻撃を使う敵との戦闘ではHPを早めに回復しましょう。